浮世絵の実写化および膝栗毛聖地巡礼、そして弥次さんの奪還です!
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年10月20日 (日) | 編集 |
こんにちは。
少し間が空きましたが、更新です。
思い出深い1日の記録です。ぜひご覧ください。


旅は8日目、中盤を少し超えたあたりでしょうか。
歩くことにはだいぶ慣れる一方、少し疲れてもきています。
翌日は、内定先の研修があるため、
朝の4時に宿(漫画喫茶)を出発。

静かな朝からスタートです。
asayoji.jpg

にわとりも僕の出発を歓迎してくれています。

niwatori.jpg


翌日は朝の9時よりスタートなので、
何とか14:00くらいには浜松に到着したい…!
その思いからか自然と足も弾みます。

1時間ほど歩いた朝の5時。
道を歩いていたレディーに声をかけられました。

「お兄ちゃん、そんな格好してどこまで行くの?」
「京都です。今日は目標が浜松なんですよ~!」
「実は、私の知り合いも同じようなことしてて、思わず声かけちゃったのよ!
ご飯とか食べてるの?よかったら一緒に朝ごはんでもどう?」

お姉さん優しすぎます…
朝ごはん食べてなくて、お腹が減っていたのですが、
翌日のため遅れをとるわけにはいかない!
ということで、泣く泣く別れを告げました。

世の中には優しい人がいますね。泣きそうです。

掛川より、袋井を通り、磐田市へ突入。

iwata.jpg


この辺は、稲作をやっているんですね。inasaku.jpg


歩く旅を通して、その地域の有名な産物をたくさん知ることができました。
あと、炭焼き「さわやか」しかり、
地域の有名店やチェーンでも強い地域などを知ることができました。
とっても良かったです。(小学生並みの感想)

見た感じ、静岡の東の方はサークルケーが強いんじゃないですかね?

さて、そんなこんなで天竜川を渡り、浜松に突入。
この橋は広いですねー!!tenryu-.jpg


しばらく道を歩いていると、後ろから声を掛けられました。

「おーい!そこのお兄ちゃん!お茶でも飲んでくかい?」

ちょうど休憩しようとしていたところなので、
今回はありがたくお邪魔させていただきました。

冷たいお茶とコーヒーをいただき、
さらには僕に色んな話をしてくださいました。

周辺の地理に関すること、ご自身が経営なさってきた会社のこと。
そして、人生のこと。

声をかけてくださったのは、
頑張ってる姿を見て、応援したくなったとのことでした。

第一線は退いたものの、
自分の足が動く限りはこの会社まで通い続けたい。
この会社は僕の人生そのものだからね!

と微笑みながらおっしゃっていました。

「君の姿に元気もらったよ。気力だけは若いものにも負けないで、
僕もまだまだ頑張らなきゃ。」


思わず泣いてしまいました。おじさん元気かな?
いつまでもお元気でいてくれたら嬉しいな。おじさん頑張れ―!!

この旅に出たのには、
自分が楽しみたいという思いが一番でしたが、
多くの人に笑顔や元気を届けられたらな、なんて傲慢にも思っていました。

でも実際は真逆で、
僕が元気をもらってて、
駆けつけてくれた友達や先輩。Twitterでの応援。電話で愚痴や不安を聞いてくれただーいすきな後輩。
そういった一つひとつが力になって、僕の背中を支えてくれました。

だから、なおさらこの出来事が嬉しくて。
今度、自分が逆の立場なら全力で応援しよう!
理想論ではありますが、
僕とかかわることで、少しでも元気や幸せを与えるため努力しようと決めました。

実践できているのかな?
それはわからないけど、このブログが僕の黒歴史になることは確実ですね!笑
オリーブオイルドバーで隠蔽してしまいたい!

さて、話がもこみちに逸れましたが、
13:00前には浜松駅に到着。
翌日のために新幹線でGO!!

hamamatsu.jpg


は、速い…

では、次の記事でお会いしましょう!!
ばーい!



















スポンサーサイト

2013年10月17日 (木) | 編集 |
皆様お久しぶりですー!!!
いや本当ね。どんだけ更新速度遅いのってね。
もう夏は終わっているよと。そろそろ毛布出てくんぞと。

本当にすみません。日常の諸事に追われていました。
更新速度は上がります。必ず。ということで、



さて出発地点は藤枝、目標はとにかく浜松に近づくこと!!
頑張っていきまっしょい。

shimada.jpg


足取りは快調。順調なペースで島田市へログイン!
時刻はちょうどお昼時、なんだかお腹がすいてきました。

あ!あのお店は!

sawayaka.jpg

家の姉とサークルの後輩(静岡県民)がともに言っていた。

「静岡」といえばさわやかだと。

よし、早速行こう!






と思いましたが。結局行けませんでした。

考えてもみてください。季節は夏。僕の特性は汗っかきです。
お昼時のハンバーグレストラン。
きっと小さな子どもたちが、お腹を空かせてハンバーグを待っています。

そこに、汗臭い男がやってきたらどうでしょう。
せっかくの楽しい時間が台無しです。
だから、僕は泣く泣く行くのをあきらめました。

後輩には、怒涛の勢いで罵倒されました。笑
今度、私をさわやかに連れてって。ということでよろしくお願いします。

まだまだ歩き、大井川の付近へ。
ooigawa.jpg


この時点でもう疲れてしまったので、
漫画喫茶なるもので少し休憩(着替え、ファブリーズ完備)

のはずが、3時間ぐらい眠ってしまいました。
やっちまった!なんて日だ!

気を取り直し、再び歩き出す。

kawawataro-.jpg

大井川を渡る橋。その橋の上には、こんな道路標示が!
sl.jpg

大井川鉄道のSLですね。一回で良いから乗ってみたいなあ。
好きな番組は、「世界の車窓から」の私はとても心が惹かれました。

さて、そんなことより時間がやばい。
日坂の峠があるのに日が暮れてしまう。夜の峠は怖いよう。
お化けにハイエナ、カツアゲ、走り屋、小熊、怖いものがいっぱいです。

急げーhisaka.jpg

心なしか写真がぶれています。

しかし、日頃の脚力を生かし無事暗くなる前に明るい道に到着。

jinja.jpg


この付近で謎の標語を発見。

「明るい家庭は、笑顔と体力作りから。」

ちょっと何言ってるかわかりません。
まあ確かに体力は大切ですが…笑

そんなこんなで日も暮れてしまったので、宿は掛川に決定。
夜間歩行も検討しましたが、雨だったのでやめました。

kakegawajou.jpg

それでは、ライトアップされた掛川城でお別れです。
また次の記事でお会いしましょう。(近日)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。